• +81 (3) 3813 3111

研究業績2022年

福井早矢人先生による論文が発表されました。
1.腎盂腎炎の入院決定因子=血液培養陽性のリスクをCHAID(chi-square automatic interaction detector)による決定木解析にて解析しました。陽性予測として、qSOFAより優れていることを証明しています。
Clinical prediction rule for bacteremia with pyelonephritis and hospitalization judgment: chi-square automatic interaction detector (CHAID) decision tree analysis model|Sayato Fukui, Akihiro Inui, Mizue Saita, Daiki Kobayashi, Toshio Naito
J Int Med Res. 2022 Jan;50(1):3000605211065658. doi: 10.1177/03000605211065658.
https://doi.org/10.1177%2F03000605211065658
2.時間経過に伴う睡眠時間の増加及び減少の両方が、癌発症と関連があることをCox比例ハザードモデルにて証明しました。
Both increased and decreased sleep duration over time are associated with subsequent cancer development|Sayato Fukui, Takuro Shimbo, Daiki Kobayashi
Sleep Breath. 2021 Dec 3. doi: 10.1007/s11325-021-02517-7.
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34860321/9