• +81 (3) 3813 3111

研究業績2022年

古坂隆幸先生の論文が掲載されました。
リンパ腫と間違いうる経過で病理で菊池病の診断がついたケースです。ご一読ください。
Uncommon presentation of Kikuchi disease.
Furusaka T, Miyagami T, Suzuki M, Naito T.
Clin Case Rep. 2022 Apr 4;10(4):e05673. doi: 10.1002/ccr3.5673. eCollection 2022 Apr.
PMID: 35414912
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35414912/
宮上泰樹先生による論文が掲載されました。
1. クローン病の症例の診断Delayの症例です。クローン病の診断に満足し、合併症に気を配れず診断Delayしてしまった症例を報告しました。
Miyagami T, Nakayama I, Naito T.
What Causes Diagnostic Errors? Referred Patients and Our Own Cognitive Biases: A Case Report.
Am J Case Rep. 2022 Mar 18;23:e935163.
2.症例報告を学会発表だけで終わらせず投稿するための5Tipsが載っています。会員限定ですので詳しく聞きたい先生は直接連絡下さい。
Yamashita S, Sasaki Y, Miyagami T, Kondo T. Five tips to help young, non-native speakers of English write reports of cases presented at academic conferences. Journal of Hospital General Medicine January 2022 Volume 4-1;36-39
3.日本の総合診療科医についてまとめた論文です。総合診療医はやはりResearchが弱いという結果でした。みなさん頑張りましょう!
Miyagami T, Yamada T, Kanzawa Y, Kosugi S, Nagasaki K, Nagano H, Shimizu T, Fujibayashi K, Deshpande GA, Naito T.
Large-Scale Observational Study on the Current Status and Challenges of General Medicine in Japan: Job Description and Required Skills. Int J Gen Med. 2022 Jan 29;15:975-984.
幅雄一郎先生による論文が掲載されました。
題:Psittacosis with a reversed halo sign (逆ハローサインを伴ったオウム病)
掲載誌:Indian Journal of Medical Research (IJMR)
内容:26歳女性のオウム病肺炎のCT像が「逆ハローサイン」を示しました。オウム病肺炎においてこの像を示すのは、英文文献において世界初の報告となります。
Psittacosis with a reversed halo sign : Indian Journal of Medical Research (lww.com)
森准教授らがタイ、マヒドン大学との連携の元、COVID-19流行後、タイでの肺炎、インフルエンザ、デング熱の発生数の減少について報告を行いました。
https://rdcu.be/cJQHI
COVID-19の影響は社会的にも医学的にも大きく、その影響を様々な側面から評価、検証しています。OVID-19が少し落ち着いてきたので、海外との共同研究、教育プロジェクトを再開します。
Prasertbun, R., Mori, H., Mahittikorn, A. Siri, S. Naito, T. Pneumonia, influenza, and dengue cases decreased after the COVID-19 pandemic in Thailand. Trop Med Health 50, 27 (2022).
https://doi.org/10.1186/s41182-022-00419-2
福井早矢人先生による論文が掲載されました。
COVID-19とインフルエンザの比較研究です。
結果は以下の通りです。鑑別に役立てられたらと思っています。
An age of 15 to 70 years (vs. 71 years), breathing difficulty, and malaise were significantly more common in patients with COVID-19 than in those with influenza. However, nausea, body temperature>38.1 degrees Celsius, and white blood cell count>9000/μL were more common in patients with influenza.|Comparison of the clinical parameters of patients with COVID-19 and influenza using blood test data: a retrospective cross-sectional survey.
Sayato Fukui, Akihiro Inui, Mizue Saita, Daiki Kobayashi, Toshio Naito.
J Int Med Res. 2022 Feb;50(2):3000605221083751. doi: 10.1177/03000605221083751.
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35225698/
https://doi.org/10.1177/03000605221083751
2年間あらゆる病院で診断がつかなかった原因不明の貧血(鉛中毒)を診断しました。
手掛かりは末梢血塗抹では認めず、骨髄血塗抹のみで認めた好塩基性斑点でした。加納永将先生、first authorの症例報告です。
Basophilic stippling in red blood cells in the bone marrow: indication for lead poisoning diagnosis.|Nagamasa Kano, Sayato Fukui, Seiko Kushiro, Akihiro Inui, Mizue Saita, Yoshimasa Kura, Umihiko Sawada, Toshio Naito.
J Int Med Res. 2022 Feb;50(2):3000605221078405. doi: 10.1177/03000605221078405. Basophilic stippling in red blood cells in the bone marrow: indication for lead poisoning diagnosis - PubMed (nih.gov)
https://doi.org/10.1177/03000605221078405
内藤教授、顔燕さんによる論文が発表されました。
全国82病院のデータ解析によると、COVID-19の流行下では市中肺炎の入院が44%–53%減少しました。
Yan Y, Tomooka K, Naito T, Tanigawa T.|Decreased number of inpatients with community-acquired pneumonia during the COVID-19 pandemic:
A large multicenter study in Japan. J Infect Chemother. 2022 Jan 21:S1341-321X(22)00025-3.
https://www.jiac-j.com/article/S1341-321X(22)00025-3/fulltext
古谷 聡先生、福井 早矢人先生による症例報告が掲載されました。
ウェステルマン肺吸虫症に伴うLöeffler症候群の報告です。好酸球増多及び心膜炎にて、鑑別に挙げるべき症候群です。ウェステルマン肺吸虫では稀であり報告しました。
Paragonimus westermani as a cause of Löeffler's syndrome|Satoshi Furuya, Sayato Fukui, Yoichiro Maekawa, Nozomi Aoki, Akihiro Inui, Toshio Naito
IDCases. 2022 Jan 27;27:e01427.doi: 10.1016/j.idcr.2022.e01427. eCollection 2022.
Paragonimus westermani as a cause of Löeffler's syndrome - PubMed (nih.gov)
内藤教授によるによる論文が発表されました。
ナショナルデータベースを用いて、日本人HIV感染者の内服状況を解析しました。
現在のHIV感染症の治療は「インテグラーゼ阻害剤」が中心となっています。副作用や薬剤相互作用が少なく、長期に使用しやすい薬剤です。
Naito T, Mori H, Fujibayashi K, Fukushima S, Yuda M, Fukui N, Tsukamoto S, Suzuki M, Goto-Hirano K, Kuwatsuru R.|Analysis of antiretroviral therapy switch rate and switching pattern for people living with HIV from a national database in Japan. Sci Rep 12: 1732, 2022.
https://www.nature.com/articles/s41598-022-05816-5
福井早矢人先生による論文が発表されました。
1.腎盂腎炎の入院決定因子=血液培養陽性のリスクをCHAID(chi-square automatic interaction detector)による決定木解析にて解析しました。陽性予測として、qSOFAより優れていることを証明しています。
Clinical prediction rule for bacteremia with pyelonephritis and hospitalization judgment: chi-square automatic interaction detector (CHAID) decision tree analysis model|Sayato Fukui, Akihiro Inui, Mizue Saita, Daiki Kobayashi, Toshio Naito
J Int Med Res. 2022 Jan;50(1):3000605211065658. doi: 10.1177/03000605211065658.
https://doi.org/10.1177%2F03000605211065658
2.時間経過に伴う睡眠時間の増加及び減少の両方が、癌発症と関連があることをCox比例ハザードモデルにて証明しました。
Both increased and decreased sleep duration over time are associated with subsequent cancer development|Sayato Fukui, Takuro Shimbo, Daiki Kobayashi
Sleep Breath. 2021 Dec 3. doi: 10.1007/s11325-021-02517-7.
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34860321/9